NPO法人沙漠緑化ナゴヤのホームページです。
HOME画面へ戻る
沙漠緑化ナゴヤの概要
理事長挨拶
沿革14.10
環境大臣賞受賞
西寧国際交流友好貢献賞受賞  
 
TOPICS
太洋基礎工業災害用井戸を寄贈 
第23回定期総会 
沙漠緑化ナゴヤの目的と事業
定款
主たる事
植樹実績
2020年度事業計画
沙漠緑化ナゴヤの活動状況
緑の協力隊
            
恩格貝クブチ沙漠
劉家峡黄土高原
川北小学校訪問
川南小学校訪問
西寧黄土高原
興海路小学校訪問
緑の仲間たち
中国の史跡巡り
 
第23次緑の協力隊報告
中国の小学生と交流活動 
観光を楽しむ 
 
 
小幡緑地での清掃と植樹活動 
 
中国の小学生招待
川北小学生のホームステイ
川南小学生のホームステイ
興海路小学生のホームステイ
 
川南小学生と名古屋市特集 
名古屋市役所表敬訪問 
名古屋市施設訪問 
 
その他の活動
沙漠緑化講演会&研修会
沙漠緑化講演会研修会等一覧
鳥取大学との交流
沙漠緑化ナゴヤの会員募集について
電話による申込
よくある質問と回答
事務局案内
リンク
関連団体サイト

沙漠緑化ナゴヤ 緑の見守り隊


 
 
小 幡 緑 地 で の 活 動
 
 
 
 
 
 
 
         
 
 
二大事業から三大事業へ、新たな新事業を立ち上げました。名古屋市守山区小幡緑地での清掃作業と植樹活動です。(上記中日新聞の記事を参照)

会員の高齢化に伴い中国に植樹に行ける人が減ってきました。若手会員も一週間の休暇が取れず中国に行けない。しかし、社会奉仕をしたいという方が多くあり、国内でもボランティア活動を実施することとしました。

2019年10月愛知県公園緑地課の許可を受け、偶数月の第一日曜日に清掃と植樹を実施しています。今年の6月で11回目のごみ拾い清掃を行い、桜の木も数本植えました。近い将来は桜の名所として、市民の憩いの場になればと願っています。
今後とも中国と国内で植樹活動を続けて行く方針です。


※参考 これまでの事業活動は次の二つでした。
「緑の協力隊中国の黄土高原で現地の小学校と共同植樹する活動
2001年から甘粛省の川北小学校、2004年から青海省の興海路小学校、2009年から甘粛省の川南小学校とそれぞれ共同植樹を開始しました。3校合計で19回実施し、植樹した木は14,000本に達しています。(上記読売新聞の記事を参照)。

②一緒に木を植えた小学生と先生を日本に招くホームステイ事業。
2006年から計10回ホームステイを実施し、上記の3校から生徒34人、先生10人を名古屋に招待しました。来日した一行は、会員宅にホームステイをしながら、名古屋市役所、市会本会議場等表敬訪問。また、市内の小学校で日本の子供達と交流学習をしました。
一方、動物園、水族館、名古屋城等を見学し、観光や買い物なども体験しました。これらの子供達が将来の日中友好の架け橋になってくれることを願っています。






NPO法人沙漠緑化ナゴヤ
NPO Tree Planting in Deserts Nagoya Japan
 

〒496-0005津島市神守町持竿58-1 
太洋基礎工業(株)神守研究開発センター内
TEL:(0567)25-1373  FAX:(0567)25-1580







Copyright (C) 2010 NPO法人沙漠緑化ナゴヤ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system