NPO法人沙漠緑化ナゴヤのホームページです。
HOME画面へ戻る
沙漠緑化ナゴヤの概要
理事長挨拶
沿革14.10
環境大臣賞受賞
西寧国際交流友好貢献賞受賞  
 
TOPICS
川北小から池田さんへのお見舞い状
第21回定期総会 
沙漠緑化ナゴヤの目的と事業
定款
主たる事
植樹実績
30年度事業計画
沙漠緑化ナゴヤの活動状況
緑の協力隊
            
恩格貝クブチ沙漠
劉家峡黄土高原
川北小学校訪問
川南小学校訪問
西寧黄土高原
興海路小学校訪問
緑の仲間たち
中国の史跡巡り
 
第22次緑の協力隊報告
中国の小学生と交流活動 
観光を楽しむ 
中国の小学生招待
川北小学生のホームステイ
川北小学校からの感謝状 
川南小学生のホームステイ
川南小学校からの感謝状 
興海路小学生のホームステイ
興海路小学校からの感謝状
 
川南小学生と名古屋市特集 
名古屋市役所表敬訪問 
名古屋市施設訪問 
その他の活動
沙漠緑化講演会&研修会
沙漠緑化講演会研修会等一覧
鳥取大学との交流
沙漠緑化通信
沙漠緑化ナゴヤの会員募集について
電話による申込
よくある質問と回答
事務局案内
リンク
関連団体サイト


沙漠緑化ナゴヤ 理事長挨拶


 1991年、鳥取大学の遠山正瑛名誉教授が日本沙漠実践協会を設立し、中国内モンゴル自治区の砂漠地で緑化活動を開始されました。
 1996年、私共の会は、この実践協会の支援を目的に「日本沙漠実践協会ナゴヤ支援の会」として発足しました。
 以降3年は内モンゴル自治区で植樹奉仕を行い、2001年以降は黄河最上流の黄土高原に舞台を移し、当地の小学校の教職員及び生徒との共植という形で植樹奉仕を続けてきました。
 2005年、日本沙漠実践協会ナゴヤ支援の会を「NPO法人沙漠緑化ナゴヤ」に改組し、法人格を取得しました。
 10年先を大切に思うなら木を植えなさい。100年先を大切に思うなら人を育てなさいとの例えもあります。2006年以降、植樹奉仕で交流、親睦が深まった小学校の生徒と先生を日本に招くホームステイ事業が当会の活動に加わり、植樹とホームステイが2大事業となってきています。
 月日の経つのは早いもので、初めての黄土高原の植樹奉仕に参加した小学生の中には、その後、日本に行きたいとの思いを深め、学業に励み日本の大学に留学した生徒もいます。まさに「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」です。漢詩どおりに少、青年期に学業に励み、希望の人生を歩んでいます。私共が夢見た二つの交流事業は、今では日中友好の金の架け橋となっています。
 ここ数年、日本と中国との関係は、時には思わしくない様な報道もありますが、そんな時代ゆえ人と人との交流親睦を深め、理解しあって行けば、やがて国と国との関係にも良い影響を及ぼして行けるのではと思います。日中友好の先兵として当会の活動があるとの信念のもと、引き続き植樹とホームステイ、草の根活動を進めてまいります。
 安倍内閣は女性活躍社会を政策に取り入れています。当会も女性の参加を歓迎しています。高齢化社会と言われますが、当会も設立20年を迎え、メンバー各位の高齢化が進み若い力を必要としています。また、学生の方々、社会勉強の一環として当会の活動に参加されませんか。大歓迎致します。
  
   
                      2016年3月30日
                        NPO法人沙漠緑化ナゴヤ
                            理事長 豊住 満

                            
                       
   



NPO法人沙漠緑化ナゴヤ
NPO Tree Planting in Deserts Nagoya Japan
 

〒496-0005津島市神守町持竿58-1 
太洋基礎工業(株)神守研究開発センター内
TEL:(0567)25-1373  FAX:(0567)25-1580







Copyright (C) 2010 NPO法人沙漠緑化ナゴヤ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system